« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

カナシミ・ブルー

サッカー日本代表チームのカラーは『ブルー』。

『サムライブルー』なんて言って盛り上がっていたけど、本当のサムライは青なんて身につけない。

かつての武将たちは黒や赤を身に着けて戦ったのだ。

それはなぜか?

色は人の精神に様々な影響を及ぼす。

黒は他の色を消してしまうのと同様に、誰にも負けない圧倒的な強さを誇る。

しかしいずれは自らの身をも染め、滅ぼしてしまう。

かつて中東を支配していたインカ帝国は黒を自分らの色としていた。

一番戦いに向いているのは赤だ。

実際に人間は赤い色を見るだけで興奮し、士気が高まるという研究結果も出ている。

反対に青というのは人を落ち着かせる効果がある。

即ち、戦いには向かない色なのだ。

敵の気持ちを萎えさせる効果はあるかもしれないが、同時に自分達の士気も下げているので±0ということになる。

韓国のユニフォームは赤『レッドデビル』。名前からして強そうだな。

しかしスイスと対戦したとき韓国は赤ではなく白を着た。

だから負けたのだ。

と、中国語の先生が中国語の授業で言っていた。

彼はとっても博識なので、またおもろいこと言うなぁーと聞いていたら、その後『好きな色でどんな人かわかる』と言い出した。

最前列を確保していた私は好きな色を訊かれ、すかさず『オレンジ!』と答えた。

すると彼は『オレンジはデザイナー系の仕事に向く色なんですねー』と言った。

絶対嘘だ。私の絵を見たことがある人なら、絶対にそんなことは言わない、いや言えないはずだ。

今まで感嘆の声を漏らし頷きながら聞いていた話は、瞬く間に胡散臭い話へと変わっていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

らんげーじ。

最近よくある“コトバ”に関する事件に出会います。

その“コトバ”は、文字にも発音にも翻弄されない、人間の多くが所有しているであろう“手”を使って話すコトバ。

そう、手話のコト。

今よりももっと好奇心が旺盛だった小中学生の頃、私は手話を勉強していました。

当時放送されていたトレンディドラマ(古)の後押しもあって私の手は徐々に語彙を増やしていきます。

しかし好奇心旺盛ながら飽き性でもあるため、わりと早い段階で勉強を自然にやめてしまったのでした。

未だに覚えているものもありますが、習得したそのほとんどはもう忘れてしまっています。

ところが!

この前ある人と話しているとき「何?」と言おうとしたら手が出そうになっていました。

手話で「何?」はとっても簡単。人差し指を立てて数回振るだけ。まるで長州小力のように。

さぁあなたも 『キレてないっすよ』 そうです、それが「何?」です。

英語や中国語を話そうとして韓国語が出てくることはしばしばあるものの、手話が出そうになったのは初めてだったので自分でも驚きました。

なぜだろう?と思っていると、今度はmixiで某マイミクさんの聾唖者との体験を読みました。

これはこれからの私への課題なのではないか…

という訳で、私はこれから手話の勉強をしなおそうと思います。

✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ ----------------

少しでも手話を勉強したことがある人は、一度はこう思ったことがあるはず。

『手話が世界共通だったらな…』(今気づいた人もいるかもしれませんが、手話にも日本語とか英語とかあるんです。)

冒頭にも述べた通り手話には文字も発音も関係ないのです。

さらに単語を並べるだけなので、語順もさほど関係ありません。

これってとても大きなメリットではないですか?

エスペラント語よりも絶対に普及すると思うんです。

耳が聞こえない人とも話せるし、耳が遠くなったおじいちゃんおばあちゃんとも話せる。

世界共通の手話ができたら、国名さえ聞いたことがないような土地の人とも簡単にコミュニケーションがとれるんです。

実際そんなに安易にはいかないとは思いますが、今よりもずっと意思の疎通がスムーズに行えるはず。

日本の学校は小学校から英語なんて教えずに、手話とか点字を教えるべきだと思います。

英語は後からでもいい。

日本人が英語を話せないのは勉強を始める時期が遅いからじゃない。

会話の練習をしていないからだと思うんです。

英語の前に、まずは正しい日本語を使って日本人と話せるように、日本にいるハンディキャップを持つ人たちと手話や点字で話せるようにするべきなのでは?

と、英語が話せないのを正当化してみたりして。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

忘れてた(✿ฺ´∀`✿ฺ)

忘れてた、ココログもやってたこと。

韓国ネタはこっちに書くつもりやったけど、今やk-popつながりの友達もほとんどmixiやってるから分ける必要がなくなってきたんよなー。

✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ ----------------

ってことで(ってことも何もないですが)、なんとなくDJOZUMAの原曲たちのMVを載せてみたりして。

Alex To ver (リクエストにお答えして追加してみました。)

http://www.youtube.com/watch?v=q1UzyMr94hA

エディソンver(っつーかこれエディが歌ってたんや…知らんかったw)

http://www.youtube.com/watch?v=nZvpjn89QFs

DJDOCver

http://www.youtube.com/watch?v=7ClvEk9Y_sQ

アゲアゲ

http://www.youtube.com/watch?v=-_7bHIs4d-Y

見比べて見ましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

あった(゜ロ゜;)

素敵に無敵ノラジョを発見。動画はココだよ。 SJバージョンもあるよ。

イ・ヒョクって鼻ピしてたんだね。

鼻ピと耳ピ、で繋がってるね。

チョ・ビンはK-POPスーパーライブの髪型の方がいいね。

あんまりおもしろさが伝わらないMVだけど、この曲調結構好きなの。

K-POPってカンジするよねー。

DJ OZUMAはKOYOTEヨリモ

NRGとかノラジョとかカバーした方が似合ってるんじゃね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

ウォンビン早期除隊

『昨年11月29日に入隊し、江原道華川の7師団の最前線で勤務していたウォンビンが、膝の十字じん帯損傷で早期除隊する』んだそうです。(Yahooニュースより。)

なんか芸能人だから優遇されたんじゃないかとか、いろいろ反感の声も上がっているらしく…

かわいそうですね。

今は足に補助器具をつけている状態で、しばらく芸能界復帰せず治療に専念するらしいです。

お大事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わーーーーーーー

なんか。。。

なんか。。。

なんかもう大変!

あたしの頭の中大変!!(意味不明)

とりあえず叫びたい気分やけど今は真夜中なので堪えます。

代わりにここで言葉にならない気持ちを書き殴ってみます。

わーーーーーーーーーーーーーー

ふぅ。

それではみなさん、おやすみなさい。

明日会える人は、また明日。

See you♡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

今度はコヨーテですか。

DJ OZUMAといえば、ソロデビュー…おっといけねぇ(。→ˇ艸←)デビュー曲で、DJ DOCをカバーしてましたよね。

もうすぐ新曲が出るんですが、今度はKOYOTEをカバーするんだそうです。

タイトルは『純情~スンジョン~』

読み方まで韓国読み。

あたしがK-POP聴くようになる前の曲らしく、あたしはこの曲知りません。

ですが。ですが!!

あたし、KOYOTEが好きなの。

シンジジョンミンが好きなの!(あと1人はメンバー変わったりしたから覚えてない。)

KOYOTEの曲はシンジの高音素敵ヴォイスじゃないとダメだと思うんだよね。

うん、だめだめ!!だめなんだってば!!! ・・・。

余談ですが、シンジって名前を初めて聞いたときは男やと思ってた。

ジョンミンを思い浮かべて『あの人がシンジかぁ』って。

違ったね。シンジは可愛いね。そのへんにいてそうなカンジがいいよね。

KOYOTEの曲が男声になるなんて…あたし…嫌だ!!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »