« 忘れてた(✿ฺ´∀`✿ฺ) | トップページ | カナシミ・ブルー »

2006年6月22日 (木)

らんげーじ。

最近よくある“コトバ”に関する事件に出会います。

その“コトバ”は、文字にも発音にも翻弄されない、人間の多くが所有しているであろう“手”を使って話すコトバ。

そう、手話のコト。

今よりももっと好奇心が旺盛だった小中学生の頃、私は手話を勉強していました。

当時放送されていたトレンディドラマ(古)の後押しもあって私の手は徐々に語彙を増やしていきます。

しかし好奇心旺盛ながら飽き性でもあるため、わりと早い段階で勉強を自然にやめてしまったのでした。

未だに覚えているものもありますが、習得したそのほとんどはもう忘れてしまっています。

ところが!

この前ある人と話しているとき「何?」と言おうとしたら手が出そうになっていました。

手話で「何?」はとっても簡単。人差し指を立てて数回振るだけ。まるで長州小力のように。

さぁあなたも 『キレてないっすよ』 そうです、それが「何?」です。

英語や中国語を話そうとして韓国語が出てくることはしばしばあるものの、手話が出そうになったのは初めてだったので自分でも驚きました。

なぜだろう?と思っていると、今度はmixiで某マイミクさんの聾唖者との体験を読みました。

これはこれからの私への課題なのではないか…

という訳で、私はこれから手話の勉強をしなおそうと思います。

✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ ----------------

少しでも手話を勉強したことがある人は、一度はこう思ったことがあるはず。

『手話が世界共通だったらな…』(今気づいた人もいるかもしれませんが、手話にも日本語とか英語とかあるんです。)

冒頭にも述べた通り手話には文字も発音も関係ないのです。

さらに単語を並べるだけなので、語順もさほど関係ありません。

これってとても大きなメリットではないですか?

エスペラント語よりも絶対に普及すると思うんです。

耳が聞こえない人とも話せるし、耳が遠くなったおじいちゃんおばあちゃんとも話せる。

世界共通の手話ができたら、国名さえ聞いたことがないような土地の人とも簡単にコミュニケーションがとれるんです。

実際そんなに安易にはいかないとは思いますが、今よりもずっと意思の疎通がスムーズに行えるはず。

日本の学校は小学校から英語なんて教えずに、手話とか点字を教えるべきだと思います。

英語は後からでもいい。

日本人が英語を話せないのは勉強を始める時期が遅いからじゃない。

会話の練習をしていないからだと思うんです。

英語の前に、まずは正しい日本語を使って日本人と話せるように、日本にいるハンディキャップを持つ人たちと手話や点字で話せるようにするべきなのでは?

と、英語が話せないのを正当化してみたりして。

|

« 忘れてた(✿ฺ´∀`✿ฺ) | トップページ | カナシミ・ブルー »

コメント

憶えたわ!キレてないっすよ~。ふりふり。

そうそう、手話は世界共通じゃないのよね~。
手話でも言語でも、母国語以外を習得するには
地道な努力が要るということですか。
人生って甘くない。(^^ゞ

投稿: 乃卯子 | 2006年6月23日 (金) 23時22分

覚えた?これで『何?』って言えるね!

人生は甘くないんだよね。
あたしは人生どうこうの前に自分自身にもうちょっと厳しくしなければ…

投稿: 真璃奈 | 2006年6月23日 (金) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30546/2335264

この記事へのトラックバック一覧です: らんげーじ。:

« 忘れてた(✿ฺ´∀`✿ฺ) | トップページ | カナシミ・ブルー »