2006年7月11日 (火)

ぷりーず・ぎぶ・みー・・・胃薬って何て言うんだ?

胃が痛い。

あれ?このセリフ…確か去年も言ってたような( ´△`)

あたし、毎年夏になると胃痛に悩まされる運命なのか?

困った運命だな。


運命 運命 運命。

さだめ さだめ さだめ。

sadame sadame sadame。

書いてみただけです。

東方を連想してもらえたなら、私のミッションは成功です。

ミッション・インポッシブル。

インポッシブルとか言いながら、毎回成功させてるじゃねーかよ。

その辺どう落とし前つけてくれるんだよコノヤロー。

コノヤローコノヤロータケシコノヤロー。





・・・おやすみ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年7月 9日 (日)

自信

もっと自分に自信持った方がいいと言われました。

自信ってどうやったらつくんですか?

あたし高校時代より、だいぶ自信取り戻したんだけどな…

これ以上となると、未だかつて体験したことの無い領域に入ってしまいます。

っていうか、みんなそんなに自分に自信持ってたんだね。

と、感じました。

何かを“やり遂げる”っていう経験をいっぱいしたら自信つくんかな?

やっぱり受験の時、いろんなとこ挑戦すべきやったかな…

コレなら誰にも負けないっていうモンがあったら自信つくかな?

今まであたしが持ってた『誰にも負けないって…どの道にもプロってもんがおるんやから、負けるに決まっとるやろ。』っていう卑屈な精神は捨てます。

ということで、私は来年の中国留学にエントリーすることを、たった今、勝手に決めました。

ほとんどお金いらんし。(ここ重要です。)

ものすごく積極的な男女2名がいる(そして定員も2名)ので、おそらく相当頑張らないと無理なんですが、とりあえずひとつ目標ができました。

もっと成長して、大人の女を目指します。

すぐ泣いてしまうのも、できるだけ我慢します。 ←これは無理みたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

カナシミ・ブルー

サッカー日本代表チームのカラーは『ブルー』。

『サムライブルー』なんて言って盛り上がっていたけど、本当のサムライは青なんて身につけない。

かつての武将たちは黒や赤を身に着けて戦ったのだ。

それはなぜか?

色は人の精神に様々な影響を及ぼす。

黒は他の色を消してしまうのと同様に、誰にも負けない圧倒的な強さを誇る。

しかしいずれは自らの身をも染め、滅ぼしてしまう。

かつて中東を支配していたインカ帝国は黒を自分らの色としていた。

一番戦いに向いているのは赤だ。

実際に人間は赤い色を見るだけで興奮し、士気が高まるという研究結果も出ている。

反対に青というのは人を落ち着かせる効果がある。

即ち、戦いには向かない色なのだ。

敵の気持ちを萎えさせる効果はあるかもしれないが、同時に自分達の士気も下げているので±0ということになる。

韓国のユニフォームは赤『レッドデビル』。名前からして強そうだな。

しかしスイスと対戦したとき韓国は赤ではなく白を着た。

だから負けたのだ。

と、中国語の先生が中国語の授業で言っていた。

彼はとっても博識なので、またおもろいこと言うなぁーと聞いていたら、その後『好きな色でどんな人かわかる』と言い出した。

最前列を確保していた私は好きな色を訊かれ、すかさず『オレンジ!』と答えた。

すると彼は『オレンジはデザイナー系の仕事に向く色なんですねー』と言った。

絶対嘘だ。私の絵を見たことがある人なら、絶対にそんなことは言わない、いや言えないはずだ。

今まで感嘆の声を漏らし頷きながら聞いていた話は、瞬く間に胡散臭い話へと変わっていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

らんげーじ。

最近よくある“コトバ”に関する事件に出会います。

その“コトバ”は、文字にも発音にも翻弄されない、人間の多くが所有しているであろう“手”を使って話すコトバ。

そう、手話のコト。

今よりももっと好奇心が旺盛だった小中学生の頃、私は手話を勉強していました。

当時放送されていたトレンディドラマ(古)の後押しもあって私の手は徐々に語彙を増やしていきます。

しかし好奇心旺盛ながら飽き性でもあるため、わりと早い段階で勉強を自然にやめてしまったのでした。

未だに覚えているものもありますが、習得したそのほとんどはもう忘れてしまっています。

ところが!

この前ある人と話しているとき「何?」と言おうとしたら手が出そうになっていました。

手話で「何?」はとっても簡単。人差し指を立てて数回振るだけ。まるで長州小力のように。

さぁあなたも 『キレてないっすよ』 そうです、それが「何?」です。

英語や中国語を話そうとして韓国語が出てくることはしばしばあるものの、手話が出そうになったのは初めてだったので自分でも驚きました。

なぜだろう?と思っていると、今度はmixiで某マイミクさんの聾唖者との体験を読みました。

これはこれからの私への課題なのではないか…

という訳で、私はこれから手話の勉強をしなおそうと思います。

✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ ----------------

少しでも手話を勉強したことがある人は、一度はこう思ったことがあるはず。

『手話が世界共通だったらな…』(今気づいた人もいるかもしれませんが、手話にも日本語とか英語とかあるんです。)

冒頭にも述べた通り手話には文字も発音も関係ないのです。

さらに単語を並べるだけなので、語順もさほど関係ありません。

これってとても大きなメリットではないですか?

エスペラント語よりも絶対に普及すると思うんです。

耳が聞こえない人とも話せるし、耳が遠くなったおじいちゃんおばあちゃんとも話せる。

世界共通の手話ができたら、国名さえ聞いたことがないような土地の人とも簡単にコミュニケーションがとれるんです。

実際そんなに安易にはいかないとは思いますが、今よりもずっと意思の疎通がスムーズに行えるはず。

日本の学校は小学校から英語なんて教えずに、手話とか点字を教えるべきだと思います。

英語は後からでもいい。

日本人が英語を話せないのは勉強を始める時期が遅いからじゃない。

会話の練習をしていないからだと思うんです。

英語の前に、まずは正しい日本語を使って日本人と話せるように、日本にいるハンディキャップを持つ人たちと手話や点字で話せるようにするべきなのでは?

と、英語が話せないのを正当化してみたりして。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

忘れてた(✿ฺ´∀`✿ฺ)

忘れてた、ココログもやってたこと。

韓国ネタはこっちに書くつもりやったけど、今やk-popつながりの友達もほとんどmixiやってるから分ける必要がなくなってきたんよなー。

✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ ----------------

ってことで(ってことも何もないですが)、なんとなくDJOZUMAの原曲たちのMVを載せてみたりして。

Alex To ver (リクエストにお答えして追加してみました。)

http://www.youtube.com/watch?v=q1UzyMr94hA

エディソンver(っつーかこれエディが歌ってたんや…知らんかったw)

http://www.youtube.com/watch?v=nZvpjn89QFs

DJDOCver

http://www.youtube.com/watch?v=7ClvEk9Y_sQ

アゲアゲ

http://www.youtube.com/watch?v=-_7bHIs4d-Y

見比べて見ましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

わーーーーーーー

なんか。。。

なんか。。。

なんかもう大変!

あたしの頭の中大変!!(意味不明)

とりあえず叫びたい気分やけど今は真夜中なので堪えます。

代わりにここで言葉にならない気持ちを書き殴ってみます。

わーーーーーーーーーーーーーー

ふぅ。

それではみなさん、おやすみなさい。

明日会える人は、また明日。

See you♡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

同士

こないだ1つ年下の友達と一緒にフリマ出店してきました。

150ブースくらいの小規模なフリマでしたが、値段設定を安くした割にはお小遣い程度の額ですが結構稼げました( `ิิ,_ゝ´ิ)

隣のブースをちょっと覗いてみると、F4グッズがいくつか並べられてたので『F4お好きなんですか?』と話しかけてみた。(普通に話しかけられたので、1年前と比べると人見知りもだいぶマシになったな…と実感)

『そう、好きやねん♡』と、そっからF4話に。

って言ってもあたしは全然詳しくないので、向こうが喋ってるのを相槌打って聞いてるだけ( ´△`)

そこで、韓国ネタは通じなさそうだったので、喰いつくだろう5566を出してみました。

『あたし5566好きなんですよぉー』

案の定笑ってくれました(笑)

『5566好きっていう人初めて会った!』とも言ってくれました。

ツカミはバッチリ☆

しかしあたしの台湾明星に関する知識は乏しいどころじゃなく、ツカミは好調だったものの肝心の内容が無かった為、会話はあっさり終了してしまいました。

まだまだ雑談力が足りないな~。

コミュニケーション力は雑談力らしいので、雑談で1時間ぐらい場を持たせられるようになりたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

うーん( ;´~`)

若干病んでます。五月病?

あたしはそういうとこだけデリケートみたいで…夏にはきっちりバテるしね。

精神弱すぎやー(;´Д`A ```

ま、そんなこと言うてても明日になったらテンションMAXやろうけど(笑)

Img_1090942_1189572_10_1 ←MAX。

ということで、㌧祭りしちゃうよ。

Tvxq_1 Img_1090942_1189743_6

123667679_2 123669930_1

54858217_1 Img_1090942_1189743_6_1

3765630_3729057361 Photo

東方神起ちゃんと予習しとかなせぶんたんの時みたいな状態になってしまうな。

絶対歌うやろうけど『RISING SUN』は日本語で歌ってほしくない…いや、ある意味聴きたいかも…いやいや、やっぱりあれは韓国語の方がカッコイイって。

そういえば…先日日本初ライブを行ったSG wanna beですが、彼らが予想以上に人気で、危機感を感じたavaxが今回のコンサからジェジュンを復帰させることに決めたんだそうです。

SGわなびの人気に危機感感じなくても、彼らとは目指している方向性が全く異なると思うんですが…。

SGわなびーはアイドルじゃないもんね。完全に歌だけで勝負してるもんね。(あ、これって失礼?笑)

ていうか、フィソン来てくれー。最近フィソンがキてます。2集探してます。誰か持ってる人いませんかorz

『WITH YOU』の声入りが聴きたいんすわ…4集にはインストゥルメンタルしか入ってないんすわ…

あ、フィソンより今日は東方くんを聴かなきゃ。東方くんを。

明日は風船持って行きます!…買うの覚えてたら( ´△`)

ペンライト、シナ色持ってったらやっぱ変な目で見られるかなぁー。あかんわ、、そういやアレ思いっきり『SHINHWA』って書いてある(;´Д`A ```

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

愛は国境を越える

一昨日の新聞(夕刊)の1面に、F4の写真つきで『韓流の次は華流が来る』的なことが書いてありました。

どっかのジャーナリスト(?)が韓流の次に華流が来るという流れについて『韓流によって、アジア言語に対する違和感がなくなったのでは』と分析してはりました。

確かに、あたしもそれが一番大きいと思います。

今まで違和感があったのは…日本人って他のアジアの国を見下してるところがあった(ある)ような気がするんです。

初めて中国語や韓国語を耳にした時って、日本ではあまり使わない音とかその並びとかがなんか可笑しくて笑っちゃったことありませんか?

あたしも、今でこそ何の違和感もなく聞けますが、あたし初めて『ミッチョッソッチョ』とか『モルラッソッソ』とか聞いたときはちょっと笑ってしまいました。

日本語だとこんなに『チョ』ばっかり使うことないし『ソ』が続くこともないですもんね。

でもこういう現象って、英語やフランス語を聞いたときには起こらないと思うんです。

むしろその違いがカッコイイって感じますよね。

それってやっぱり、日本人は英語圏とかヨーロッパに強い憧れを持っていて、アジア諸国に対しては対等にすら見ることができていないということなのでは…。

今まで可笑しく聞こえていた言語でも、その国の言葉を話す俳優さんに素敵な人を見つけたりしちゃったら、たちまち素敵な言葉となって聞こえてくるんですよね。

その瞬間『よその言語』と『英語』の差が無くなってしまってる。

それからは、もう違和感なんて全く感じていません。

違和感を感じなくなるということは他の俳優さんにも目が向いていくわけで、そこから浮気が始まっていくんですねぇ(笑)

で、浮気が浮気じゃなくなっちゃったりして!(何のノリやねん・笑)

浮気から浮気、そのまた浮気…あれっ!?気が付いたら国変わってるよ!!てな感じで華流が来ちゃったんでしょうね。

その証拠に(なるんだかならないんだか)韓国人好きは香港人・台湾人も好きなことが多いです。

っていうか、もう韓国人とか中国人とか香港人とか台湾人とか、好きな人は誰が何人とかいちいち考えてないんですよね。

日本の芸能人を好きになるのと同じ感覚で、他の国の芸能人を好きになってるんです。

それが友達とか周りにいる人にしてみれば知らないジャンルの人間なので『韓国人俳優』とかいう説明が必要になってくるんですね。

このやりとりは『$10って何?』『大阪のショーパブ出身お笑い芸人やで。』ぐらいなカンジなんですよ、好きな人にしてみれば。

それがブームだとかってマスコミが囃し立てるせいで『あぁー今流行ってるもんね』『ブームだよね』とか言われてしまうんですよねー。

ペさんの出現によって韓国語に違和感を感じなくなった人が同時期に増え(この時点ではまだ『冬ソナブーム』と呼ばれてた)、そこでビョンホンやウォンビンやドンゴンなんかに浮気をし(このへんから韓国ブーム・韓流と呼ばれはじめる)、浮気に浮気を重ね、気が付いたら国境を越えちゃってた(華流の到来)。

他のアジア言語に違和感を感じない人にしてみれば、全然どうってことない自然な流れなんですよね。

愛が海と国境を越えただけのこと なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

ようやく手に入れましたよ

電子辞書。

電子辞書は持ってたんですが、今回購入したのは中国語と韓国語が使えます!!

正確に言うと“中国語や韓国語も使えます”

中国語と韓国語はカードを差し込んで使う、という形です。

ひとつ誤算がありまして、カシオのは本体に別売りの辞書を記憶させられる(多分)んですが、あたしが購入したのはセイコーのもので、カード入れていないとその辞書は使えません。

つまり、中国語使ってるときは韓国語が使えません。

韓国語使ってるときは中国語使えません。

基本韓国語は家でしか使わないので結構ですが。

でもやっぱり一緒にできるほうがいいな(❝ฺ_❝ฺ)

だってあたし、あんなちっちゃいカードやったら失くしそうなんやもん!!!

しょっちゅう入れ替えるやろうしさヽ(`д´;)/

失くしても2000円なんですけどね。

昨日買って来てからは、あたしの恰好の遊び道具となっております。

もちろん韓国語の辞書の方がね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧